2月28日はしおかりキャンドルナイト

厳寒の和寒町(わっさむちょう)で開催する「しおかりキャンドルナイト」へ多くの人が来てもらいたい

「人が来てほしい、地域を元気にしたい」と思い、わたしたちは2014年2月28日から、塩狩(しおかり)でキャンドル228灯をともす「しおかりキャンドルナイト」を続けています。「毎年2月28日に開き、国外からの観光客も増やしたい。さまざまなキャンドルやランタンが集まる催しにしたい」と思っています。

開催地、塩狩(しおかり)がある和寒町

和寒町は、北海道北部にある人口約3500人の町で、和寒町の一部に「塩狩」があります。和寒町はカボチャの作付面積、収穫量が日本一ですが、キャベツやコメも主要農産物です。1、2月の気温は氷点下5~15℃くらいで、雪も1.5~2mくらい積もり、これらの条件を生かして越冬(えっとう)キャベツが作れられます。この越冬キャベツとは、冬の間、雪の中で貯蔵されたキャベツで、鮮度が維持され甘みが増すのが特徴です。1969年の春に町内で貯蔵法が発見され、漫画「銀の匙」10巻でもこのキャベツが登場します。

塩狩の歴史

塩狩では1909年2月28日、北から塩狩峠に向かう列車の最後尾客車が外れて、乗客を乗せた最後尾客車だけが急坂を逆走する事故が起こりました。その客車に乗っていた乗客の長野政雄さん(当時28歳)は客車を止めようとして2マイル先で命を落とし、その客車はさらに1マイル先でとまり、ほかの乗客は助かったそうです。この話を知った小説家の三浦綾子さんは1968年、長野さんをモデルにした小説「塩狩峠」を書き上げ、この小説は1973年に映画化もされました。小説の発行部数は370万部。本の翻訳は世界13カ国語におよぶそうです。

塩狩のアイスキャンドルの歴史

1990年2月28日、塩狩温泉の関係者がアイスキャンドルのイベントを始めたといわれています(塩狩温泉は2005年に休館し2015年に建物解体)。長野さんの鉄道事故から100年後の2009年には、「塩狩峠」100年メモリアルフェスタ実行委員会が立ち上がり大規模なアイスキャンドルイベントが開かれました。この時わたしは観客としてアイスキャンドルを見ました。2014年からは毎年わたしの主催で、しおかりキャンドルナイトを開催しています。2015年2月28日には漫画塩狩峠の作画者を塩狩峠記念館に招き、単行本を初披露していただきました。

しおかりキャンドルナイトの準備

2018年で5度目の開催となるしおかりキャンドルナイトは、毎年2月の氷づくりから準備が本格化します。塩狩峠記念館友の会会員、和寒町職員などが力を合わせて、キャンドルを灯す為の氷のシェードを作ります。また、和寒町や周辺地域の子供たちは、紙などを使ったシェードを作ってくれます。2月28日午後からは町外の人も応援に来てくれます。

スケジュール

シェードづくりは2月の週末のいずれも午後1時から塩狩ヒュッテで行います。作ったシェードの提供も歓迎です。キャンドルは主催者が用意します。毎年2月28日の開催。午後5時30分から点灯します。通常は冬の休館をしている塩狩峠記念館(町営施設、入館料200円)は、この日のみ臨時開館となり、午前10時から午後7時まで開館予定です。

しおかりキャンドルナイトのこだわり

この催しはアイスキャンドルだけではなく、いろいろな228灯をともす鑑賞会です。「きれい...」と感動の声が聞こえます。

2014年2月28日(金)アイスキャンドルや紙袋ランタンなどを点灯、芝居「杉原千畝」公演
2015年2月28日(土)アイスキャンドルや紙袋ランタンなどを点灯、漫画塩狩峠初公開(作画者来場)
2016年2月28日(日)アイスキャンドルや紙袋ランタンなどを点灯
2017年2月28日(火)アイスキャンドルや紙袋ランタンなどを点灯
2018年2月28日(水)アイスキャンドルや紙袋ランタンなどを点灯

どうやって行くの?

町内や近郊からの来場者だけではなく、遠くからのご来場もお待ちしています。主要都市からの交通アクセスは次の通りです。

【JRでお越しの方】
JR札幌駅⇒JR旭川駅まで (特急列車) 1時間22分
JR旭川駅⇒JR塩狩駅まで (汽車) 57分
JR和寒駅⇒JR塩狩駅まで (汽車) 8分
JR塩狩駅⇒塩狩ヒュッテまで (徒歩150m) 2分

【バスでお越しの方】
札幌駅前⇒和寒まで (高速バス) 2時間15分
札幌駅前⇒旭川駅前まで (高速バス) 2時間5分
塩狩バス停⇒塩狩ヒュッテまで (徒歩300m) 3分

【車でお越しの方】
札幌駅⇒塩狩ヒュッテまで (道央自動車道経由、168km) 2時間10分
比布北IC⇒塩狩ヒュッテまで (車で9km) 11分
和寒IC⇒塩狩ヒュッテまで (車で5km) 7分

*北海道北部を南北に走るJR宗谷本線の最高地点は、標高約265mの塩狩峠。北に流れた水は天塩川(てしおがわ)、南に流れた水は石狩川になります。その峠の北に260mにJR塩狩駅、さらに100メートル北に塩狩峠記念館、さらに50m北に「長野政雄氏殉職の地」石碑、さらに30m北に塩狩ヒュッテがあります。宗谷本線を走るのはディーゼル車なので電車ではなく汽車と呼びます。

しおかりキャンドルナイトの開催費用

これらの資金を集めたいと思っています。

消耗品:4,000円
印刷製本:10,000円
役務:87,900円
委託:21,600円
原材料:15,500円
備品購入:1,000円
合計:140,000円

寄付へのお礼

支援金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

500円:お礼のお手紙

1,000円:「塩狩の写真や絵の絵葉書3枚」*図柄の選定はお任せください。

3,000円:お礼状+和寒町の越冬キャベツ6kg

5,000円:お礼状+和寒町の越冬キャベツ10kg

10,000円:お礼状+和寒町の越冬キャベツ20kg

キャベツは、想定よりも生産量が少ない場合や価格が高い場合には計画通り履行できない場合もあります。和寒町では人の背ほどの雪が積もり、真っ白な雪原となった畑からキャベツを掘り出す体験もできます。

主催者

合田俊幸(ごうだとしゆき)。1975年4月、北海道上川郡和寒町(わっさむちょう)生まれ。大学生以降、埼玉、東京、バンクーバー、大阪で生活し、2012年2月に町へ戻る。町内JR塩狩駅の北150mに定員14人の宿をトドマツ丸太でセルフビルド。2013年春から塩狩ヒュッテユースホステルを営んでいる。以来、しおかりキャンドルナイトを開催。

https://www.facebook.com/toshiyukig
https://twitter.com/toshiyukigoda
http://shiokari.info/


Copyright © 2017 2月28日はしおかりキャンドルナイト, All Rights Reserved.